CoCooking

ABOUT

VISION

誰もが「人間らしく創造的な暮らし」を実現できる社会を支援します。

We leverage a society where all individuals can nurture a creative and humanlike life.


コークッキングが考える【人間らしさ】とは、シンプルに、人間として「やりたいことを実現すること」です。
やりたいことを実現するには、ただ制約を取り払った自由な状態をつくるだけでは叶いません。
真の自由を得るためには、やりたいことを実現するための能力が必要になります。

もちろんそれはときに、説得的なグラフィックを描いたり、複雑なコードを組み立てられたりといった「スキル」 が必要になる場合もあります。

しかしそれ以上に重要なのは、臨機応変に、自分たちにとっての最適解をつくっていく能力です。
ただスキルを持っているだけでなく、抽象的に物事を捉え、問題を解決していける、やわらかいスキルを発揮できる個人やチームこそ、
私たちは真にやりたいことを実現する【創造性】を持っていると思っています。

つまり私たちは、【創造的】に活動することは【人間らしく】ある事の本質だと思っています。

世の中の価値や真実が多様化の一途をたどる中、身の周りの状況は目まぐるしく変化していきます。
こうした「正解」がない状況で、閉塞感や疲弊感に苛まれないようにするためには、
自分たちで考えて、「納得」のできる判断を重ね、ときには折り合いをつけながら、自分たちの生き方をデザインしていかなければなりません。

こうした個人やコミュニティの【創造性】、ひいては【人間らしさ】の実現に、私たちは尽力しています。

OUR MISSION

『食』を切り口に、考える様々なきっかけを提供し、

「人々の創造性」「コミュニティの多様性」そして「心身の健康」を促進します。

We use food and cooking to create ample opportunity for dialogue and thought, fostering creativity, diversity, and well- being of individuals and communities.


「食」は私たちの生活にもっとも密着した行為であると同時に、多種多様なテーマにつながる「入口」にもなります。
私たちは、「食」は世の中の様々なテーマについて考えるきっかけや、新たな可能性への気づきを提供してくれるツールになると信じています。

「今日は何を食べようか」

その時の元気やお金、時間の余裕を踏まえながら、自分の価値観と照らし合わせて、一番「納得」できる食事の選択を導き出す。
日々、何気なく、ときに無意識に繰り返しているこの判断には、私たちの価値やその基準が凝縮されています。

食は誰にとっても一つの楽しみであり、しかも食べることは毎日のことだから、こうした思考力や判断力を無理なく培うのにピッタリです。

さらに、食は私たちの心身の健康に直接貢献するとともに、食のまわりにはコミュニティが自然と生まれます。
おいしいものを食べたいという気持ちがみんなをハッピーにし、コミュニケーションが活性化され、様々なアイデアやストーリーも生まれます。

私たちのミッションは、こうした食のよい効果を最大限まで引き出すことでもあります。

COMPANY

会社概要

名称 株式会社コークッキング
代表者名 川越一磨
本社 〒106-0047 東京都港区南麻布3-3-1
麻布セントラルポイントビル 3F
設立 2015年12月1日
資本金 4250万円(資本準備金含む)
株主(外部) Social Entrepreneur2 投資事業有限責任組合
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
SFCフォーラム1号投資事業有限責任組合
Founder Foundry 1号投資事業有限責任組合(NOW)
オプティマ・ベンチャーズ株式会社
株式会社222パートナーシップ
事業内容 パターン・ランゲージ制作事業
イベント・ワークショップ事業
フードシェアリング事業(TABETE)

MEMBER

川越一磨 Kazuma Kawagoe / 代表取締役 CEO

2014年 慶應義塾大学総合政策学部卒業。
和食料理店での料理人修行、大手飲食チェーンでの店舗運営の経験を経て、2015年7月に退職。山梨県富士吉田市に移住し、コミュニティカフェ「LITTLE ROBOT」の立ち上げなどを行なう。
2015年12月に株式会社コークッキングを創業。料理を通じたチームビルディングワークショップやクリエイティブイベントを、主に法人向けに展開。
2016年5月よりスローフードの活動に参画し、2016年7月にSlow Food Youth Network Tokyoの事務局長(2017年5月より代表)に就任。
2016年10月からは「フードロス問題」に挑戦するフードシェアリングサービス「TABETE」の事業化に取り組む。
料理人兼社会起業家として、未来の食やライフスタイルをクリエイトしていく。

伊作太一 Taichi Isaku / 取締役 Co-Founder

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科修了。
2015年、大学院在籍中にコークッキングを起業。キッチンをクリエイティブなプラットフォームとして捉え、人々の創造性とコミュニティの多様性を促進する未来の料理の場の開発・研究をしている。コミュニティの対話と発想を活性化する手法「パターン・ランゲージ」のスペシャリストとして、キッチンや料理の可能性を拡げるしくみ・ツールの制作を日々行なっている。
2017年からはフードロス問題にビジネスで挑む、フードシェアリングサービス「TABETE」の立ち上げにも関わる。日常の食事を通して、納得して食を選択する消費者やそれを支える生産者を応援したいという想いから、ブランディングやメッセージングを担当。事業を通して、対立構造や疲弊感を生まない、多様性と持続可能性のあるムーブメントづくりに挑戦している。
一般社団法人日本スローフード協会 理事
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 / 慶應義塾大学総合政策学部 非常勤講師
著書に Creative CoCooking Patterns(英語)がある。

篠田沙織 Saori Shinoda / 取締役 COO

小学校2年生で白血病になり、食事制限を受けた経験から、食の重要性を身をもって実感。そこから人生を「食」に捧げると決意。
新卒で大手グルメサイトに入社後、飲食店営業並びにwebディレクターを経験。ビジネス側とプロダクト側の両面からサービスの運営を経験する。その後、TABETEにジョイン。現在はCOOとして、「TABETE」の飲食店営業からプロダクト設計まで幅広く活動している