CoCooking

TABETE

豊島区と「豊島区における食品ロス削減に向けた連携協定」を締結

豊島区と「豊島区における食品ロス削減に向けた連携協定」を締結し、締結式を実施いたしました。

本協定では、豊島区とコークッキングが双方の取り組みを通じ、飲食店・小売店の食品ロス削減、および、食品ロス削減に対する区民意識の向上など、区域内の食品ロス削減に向けた様々な取り組みを推進・連携することを目的としています。

■本協定における両者の役割

〔株式会社コークッキング〕

  • TABETE加盟店に対する認証制度の利用促進に係る呼びかけ
  • 渋谷区内における実績資料の提供
  • ホームページによる連携事業の広報   など

〔豊島区〕

  • TABETE加盟店に対する登録制度の登録促進に係る呼びかけ
  • 豊島区におけるTABETE加盟店の取引件数等の実績資料の提供
  • 豊島区が取り組む食品ロス削減推進事業に関する広報、講演等の協力   など

■豊島区について

令和2年7月、内閣府より、SDGsへの優れた取組を行う自治体として「SDGs未来都市」、「自治体SDGsモデル事業」に東京で初めてダブル選定され、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

食品ロス削減では、民間事業者、区内大学、NPO等と連携しながら取組みを実施。冊子「食品ロスをなくそう」などによる啓発、常設窓口を設けてのフードドライブ、食べきり協力店の登録などを進めています。

<豊島区ホームページ:食品ロス>
https://www.city.toshima.lg.jp/151/1905011332.html

くわしくはプレスリリースをご覧ください