CoCooking

Pattern Language

パターン・ランゲージ制作事業

暗黙知を言語化・体系化する手法『パターン・ランゲージ』を用いて、企業様が抱えるお悩みを解決するお手伝いをいたします。

コークッキングでは、パターンランゲージの技術を生かした創造的な発想の支援及び組織内のナレッジマネジメントを強みとしています。
また、目的に応じた様々な料理の場をデザインするのもコークッキングの強みです。
パターン・ランゲージ制作事業部では、この二つを巧みに合わせて、クライアント様のニーズにお応えします。

パターン・ランゲージとは

パターン・ランゲージとは、とある分野の暗黙的な知識や離散的な情報を言語化・体系化して、活用可能にするための手法です。

パターン・ランゲージの目的は「マニュアル人間」を作ることではありません、
いくつかのパターンに明文化した「暗黙知」をもとに「気づき」を与え「自ら考え行動できる人間」を育てることにあります。

熟練者が持つ経験則や、会社の歴史の中から生まれた風土や企業文化など、なかなか言葉に表現しづらかったり説明しづらいような「暗黙知」を
いくつかのパターンに分け明文化します。明文化した「暗黙知」は各個人が様々な状況に直面した時の判断基準として活用することができ、
「暗黙知」を周知することで、チーム全体のスキルの底上げにつなげたり認識や知識を共有することができます。

パターン・ランゲージでは、過去の複数の事例に共通する本質を発見し、それを「パターン」として切り出すことで、
今後似たような状況に面したときに、問題に対処しやすくなります。

それぞれのパターンでは、その分野で繰り返し発生する「問題」と、それに対処するための「解決策」が一対となり、
特別なフォーマットに沿って書かれています。この情報を象徴するように、魅力的な名前をつけたものが「パターン」です。

パターン単位では知識の断片に過ぎませんが、一つの分野にまつわるパターンを数十個発見し、その相互関係がわかるように体系化することで
その知識分野の全体像が明らかになります。この相互関係性を持ったパターンの体系が、「パターン・ランゲージ」です。

では、パターン・ランゲージはどんなことに役立つのでしょうか?
パターン・ランゲージには主に3つの役割があります。それぞれの役割について、以下に紹介します。

  • 認識のメガネ

    私たちの思考や認識は、ことばによって形づくられています。新しい語彙を提供するパターンによって、身の回りの状況をより深く認識し、そこから学ぶことができます。

  • 対話のための語彙

    新しい言葉ができることによって、それまでは中々言葉で言い表せなかったことに、直接言及できるようになります。そのパターンの実践方法について話し合ったり、普段のコミュニケーションのなかでパターン名を共通言語として使えば、知識やアイデアをスムーズに共有できます。

  • アイデアの発想

    パターン・ランゲージの中から現在の状況に当てはまるパターンを探して実践することはもちろん、実践の中でパターン名を思い出して行動することで、創造的に、臨機応変に活動することが可能になります。

このようなパターン・ランゲージの考え方は、建築の分野が原点ですが、現在はソフ トウェア開発を始めとして、
教育や組織デザイン、福祉やビジネスなど、様々な分野 に応用され始めています。
パターン・ランゲージの考え方は、実践知を共通言語化す る方法として、今後もいろいろな分野へ応用されると考えられます。

具体的な活用方法につきましては、書籍として読むほか、カードにして各種ワークショップ、教育プログラムに有効です。

  • 悩み・経験の共有

    パターンの内容を話題とすることで論点を絞り、お互いの悩みをやその解決策を共有し合うためのコミュニケーションツールになります。

  • アイデア発想ワークショップ

    パターンを発想の発端として問題解決型の商品をデザインする発想ワークショップを行います。

  • 各種研修

    プレゼンテーション、チームビルディング、プロダクトデザインなど、各種スキルをパターンを通して学び、実践する長期・短期プログラムです。

3段階の制作プロセス

パターン・マイニング 情報収集

3つの主な手法で情報収集(パターン・マイニング)を行います。
「マイニング・インタビュー」は、熟達者へのインタビューを通したパターン探索です。Q&A ではなく、対話形式でインタラクティブに問題発見・解決の知恵を探っていきます。「ホリスティック・マイニング」は、熟達者同士の対話を介したパターン探索で、ブレスト形式でそれぞれの経験を量的に共有し合います。そして「文献調査」でその分野の文献を網羅的に調査をして、「問題発見・解決の知」を書き溜めていきます。

パターン・ライティング 言語化・体系化

パターン・マイニングを通して発見された情報を体系化し、記述やイラストを加えます。
文献から関連する要素を抽出し、その抽出した要素をKJ法でグループ化します。こうして生成した各グループを「パターン」の形式で書き起こします。同時に写真やイラストを作成して加え、最終的にパターンを体系化して、パターン・ランゲージの完成となります。

パターン・ランゲージ制作 書籍化・商品化

完成したパターン・ランゲージを、書籍・カード・ワークショップなどにアウトプットして、活用します。

製作したパターンランゲージの活用を
徹底的にサポートします!!

①パターンランゲージを活用したワークショップ・研修
対話のワークショップ、チームビルディング、アナロジカルシンキング研修、
ナレッジマネジメント研修、その他目的別ワークショップデザイン
②ワークショップキットの開発
パターンカードの製作、ワークシートの設計 他
③パターンランゲージのアップデート及び修正
パターン・ランゲージの修正・追加・リデザイン 他
④社内コミュニケーションツールの開発
日常的なツール作成、カルチャーランゲージの製作 他